山形代表

●ジュースに込めた想い

「果樹王国」と呼ばれるほど、果物が豊富な山形県。種類の多さはもちろん、その品質の高さもピカイチです。しかし他県の有名産地と比べると、知名度であと一歩及びません。この美味しさをもっとたくさんの方々にお届けしたい。そして、それをつくる生産者の方々の下支えができれば。そんな思いから誕生したのが『山形代表』です。『山形代表』は、長年果物と寄り添ってきたサン&リブが、技術と経験を結集してつくりあげた、まさに「山形を代表する」自信作。小さなお子様からお年寄りまで、どなたでも安心してお飲みいただけるストレート果汁100%ジュースです。

●味のこだわり

サン&リブでは果物の集荷から搾汁、製造まで、すべての工程を一貫して自社工場で行っています。 自社の搾汁工場に運ばれてくるのは、味は美味しくても大きさや形が規格外のため生食用としてはお店に並ぶことができない果物たち。そのまま食べても美味しい果物を使っているので、自然な味と香りがイキイキと輝くジュースができます。また、一般的に果汁飲料には酸化による変色を防ぐために酸化防止剤が使用されますが、果物本来の味を活かすため『山形代表』には酸化防止剤(ビタミンC)や砂糖、食塩、香料、着色料などを使用していません。山形県産の果物だけを使用したジュースのため、その年の果物の出来によって味に多少のバラツキがありますが、それも醍醐味のひとつ。どうぞ、山形と太陽の恵みがたっぷり詰まった宝物のようなジュースを、最後の一滴まで味わってお飲みください。

サン&リブの果物

●『山形代表』という名前

例えるならば、高校野球の『山形代表』の球児たち。甲子園に出場する高校球児が、毎年出場校は違っても『山形代表』の称号を背負って活躍するように、冠はひとつでも中味の個性は毎年それぞれ違います。果物のありのままの美味しさをそのまま詰め込んだ器が、『山形代表』というブランドです。

●中味をあらわすパッケージデザイン

山形の真面目で頑固なこだわりを表した黒を基調とし、鮮やかに映える果物たちがニッコリ誇らしげに顔を揃えます。手にとったときにほっこり掌になじむ質感からも、生産者の真心と、熱い情熱が伝わってくるようです。

●商品略歴

2010年 ・りんご、もも、ら・ふらんす、ぶどう(赤)、とまとを発売

2011年

・かき、ぶどう(白)を発売

2012年 ・『山形代表 Tシャツ』、『山形代表 エプロン』を発売
2013年 ・「山形県エクセレントデザイン奨励賞」受賞

2015年

・『山形代表ミルクジェラート』(りんご、もも、ら・ふらんす、ぶどう)を発売

・「世界にも通用する究極のお土産〜新たな東北の挑戦〜10選」に認定

2016年 ・「日本ギフト大賞2016 山形賞」受賞
2017年

・青りんごを発売

・商品規格を変更しリニューアル発売