【とまと畑ニュース】とまとの苗を植えました



サン&リブの人気商品『山形代表とまと』は、毎年大変ご好評をいただき、品薄になってしまうこともしばしば
・・・。

皆さまに一年中おいしく味わっていただくためには、十分な量の原料を確保することが必要不可欠です。

そこで、山形食品㈱の“とまと大好き社員”の3名が立ち上がりました。

山形県川西町に専用のとまと畑をつくり、おいしい「とまと」を一生懸命つくります!

名付けて「山形代表とまと畑 2013チャレンジ実証圃」

目標収穫量は10アールあたり6トン。(『山形代表とまと』27,000本分!)

実証圃とは自分たちの手で大事に育て、本当にできるのかを明らかにする取り組みです。

さらに、この栽培実証圃をとおしてJA・生産者とともに普及拡大をめざします。



5月24日(金)とまとの苗を定植しました。

畑の面積は20アール。

植えた苗は2,200本!

太陽がサンサンと照りつけるなか、広い畑に一本ずつていねいに苗を植え付けるとても根気がいる作業です。



ここでチャレンジメンバーのご紹介^^

写真左から、高橋清志(マネージャー)、奈須野司(スタッフ)、井上宏樹(リーダー)

これから3人で力をあわせて、おいしい「とまと」が出来るように頑張ります!


元気にすくすく育ちますように!

とまと畑